ウルウ(ULU)スキンケアは、冬の赤ら顔ケアにも良い?

ウルウ(ULU)スキンケアは、冬の赤ら顔ケアにも良い?

冬って、肌トラブルが増えますよね。

ただでさえ乾燥していて、お肌の悩みが増えるのに、もう1つ冬で嫌ことありませんか。

それは冷たい北風にさらされて、ほほが赤くなってしまうなんてこと、ありますよね。

私も顔が赤くなりやすくて、特に冬は、本当に北風が嫌で仕方ありません。

その症状、多くの女の人から、田舎っぽいとか、お酒に酔っているみたいとか、メイクが映えないといった印象を持たれていて、良いことは全くありません。

この赤ら顔と呼ばれる症状ですが、どんなケアをすると良いのか、ご存じの方が少なくて困っている方が多いと思います。

そこで冬の赤ら顔の対策について紹介したいと思います。

冬に起こる赤ら顔の原因で一番大きいのは、乾燥していて冷えている空気に触れることによる皮膚の炎症です。

乾いた空気は、肌の表面にあるバリア機能を低くしてしまい炎症を起こす引き金になりやすいです。

そのことで、皮膚の下のある毛細血管が拡張して赤ら顔になります。

このことから、肌の内側から保湿をしっかりしてあげて、肌のバリア機能をアップさせることが、赤ら顔ケアには大切と考えられます。

冬のスキンケア商品は、乾燥対策のために保湿できるものが増えてくると思います。

しかし、それらは本当に肌を潤わせてくれるのでしょうか。

それらの多くは、肌の表面しか潤わせてくれなくて、肌の内側にも潤いを届けてくれるものは少ないです。

それを見極めるのは難しいですし、でも保湿スキンケア商品を1つずつ試していくのも時間とコストと肌への負担等かかりますので、あまり試してみたいとは思いませんよね。

そこで今回は「ウルウ」を紹介します。

これは、肌の内側までしっかりと潤い届けてくれますよ。

セラミドを補ってくれて浸透させる力が高いので、肌の内側まで潤いが届き、肌のバリア機能をアップさせてくれる期待が持てます。

医療用に開発された浸透力の高い特殊なイオン水に保湿成分であるセラミドを溶かして、マイナスイオンの吸水力で角質層まで届けてくれるのです。

ウルウには、3つの種類のセラミドが入っているので、特に保湿に対して高い力が期待できます。

ですから赤ら顔対策に良いですし人気も高いです。

肌の負担となるものは一切入っていないので、敏感肌の人も心配しないで使えます。

しかもウルウは、化粧水と乳液、導入液と美容液、そして拭き取り化粧水の仕事を1つでしてくれます。

便利ですし、あれこれつかわなくて良いので肌への負担も少なくなりますよ。

ウルウ(ULU)の良い点と悪い点(デメリット)の対策

良いことばかりウルウは、実際に使っている方の98%が満足していると言われています。

赤ら顔ケアには、ウルウ、ぜひ試してみてください。

公式サイト↓

hU