ヒアロディープパッチはほうれい線やゴルゴライン等目の周囲以外のシワにも使って良い?

ヒアロディープパッチはほうれい線やゴルゴライン等目の周囲以外のシワにも使って良い?

毎日暑い日が続いていますが、夏って案外アッという間に過ぎていきますよね。

夏が終わると、乾燥する季節がやってきます。

乾燥する季節は、その他の季節以上にお肌のことがきになりませんか。

目の周りの小じわや額の横線、ほうれい線などが目立ってくると、まずは保湿をするかもしれませんし、それで改善されれば良いですが、なかなか難しいと思いませんか。

「保湿」も、肌の表面に浸透させるのではなく、角質層に届き奥から潤った状態を作る必要がありますが、実は一般的な美容液では、これが難しいと言われています。

ではどうしたら良いのでしょうか。

諦めるしかないのでしょうか。

大丈夫です。

良いアイテムがあります。

「ヒアロディープパッチ」です。

ヒアロディープパッチとは、肌の角質層にヒアルロン酸を直接補充することが可能なアイテムです。

理由を説明させてもらいますね。

驚かないでくださいね。

ヒアロディープパッチは、肌につけても痛くない200マイクロメートルという細かな針が入り込み、時間の経過とともにヒアルロン酸が溶けて浸透していく仕組みになっています。

夜つけて寝るたけで、自然に潤いを補充できちゃうのです!

痛くないし、寝ている間にお手入れができてしまうという画期的ですし簡単ですし、素敵だと思いませんか。

では使い方を詳しく紹介しますね。

まず基本的な使い方です。

ヒアロディープパッチは、目元の小じわ対策に向いています。

目尻からこめかみに向かって貼れるように、ゆるいカーブをした形状になっています。

その内側に、ヒアルロン酸の針が無数についていて、貼る位置を決めたら、ゆっくりと密着させます。

つけてすぐはザラッとした感覚があるかもしれませんが、時間が経つとヒアルロン酸の針は溶けてなくなります。

だいたい5時間くらいかけてじっくり浸透します。

翌朝には、しっかり水分を含んだお肌になっていて、感触ももっちりしていると思います。

ヒアロディープパッチの口コミ!目周り小じわ対策がすごいって本当?

続いて、オススメの活用法です。

ヒアロディープパッチは、細長く緩やかなカーブを描いているので、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインなど小じわのお手入れにも使えます。

ほうれい線の辺りは、目元よりも皮膚が少し厚いので、貼った時の感覚が目元とは少し違うようですよ。

また乾燥していたり、古い角質が残っている状態が続くと、線がくっきりと出てしまう部分でもあるので、シワがついてしまう前にお手入れをしてあげたい部分ですね。

ほうれい線に使う場合も、夜に貼って寝るだけです。

フェイスラインのかさつきや、あごのポツポツのお手入れにも良いですね。

最後に、まとめますと、ヒアロディープパッチはほうれい線やゴルゴライン等目の周囲以外のシワにも使って良いかどうか?ということですが、もちろん可能です。

広い面積のお手入れというよりも、部分利用できるのでピンポイントで悩み対策に使うと良いと思います。

もっと詳しいことは、公式サイトをご覧ください。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら
ヒアロディープパッチ
『ヒアロディープパッチ』
r