コントロールジェルmeでデリケートゾーン(VIOライン)も安心してむだ毛処理できる理由とは?

コントロールジェルmeでデリケートゾーン(VIOライン)も安心してむだ毛処理できる理由とは?

デリケートゾーンの無駄毛処理、あなたはどうしていますか?

自分では見えにくかったり、デコボコしていたり、お手入れが難しいですよね。

カミソリや電気シェーバーなどを使ってお手入れをすることが一般的かもしれませんが、なかなか大変だと思います。

そこで「コントロールジェルme」です。

コントロールジェルmeは、エステでも使われていた抑毛ジェルなので、評判が良いです。

脱毛エステに行くのは抵抗があるという方も多いかもしれません。

ところがコントロールジェルmeなら自宅で自分でお手入れができて、エステでも使われていた抑毛ジェルと聞くと、尚期待が持てますね。

コントロールジェルmeは、保湿力が高い抑毛ジェルとなっており、塗るたけで気になるムダ毛が細い産毛へと少しずつ変わっていきます。

剃るとか抜くとかという一般的な処理方法とは異なり、即効的にムダ毛がなくなるというものではありませんが、肌に負担をかけずに処理ができます。

除毛クリームなどを使うと肌がヒリヒリしたり肌荒れするリスクもあります。

ところがコントロールジェルmeは、しっかり保湿をしてくれる成分がたっぷり配合されているので、アトピー肌や敏感肌の方も使える肌に優しいアイテムです。

もちろんデリケートゾーンに使えます。

低刺激となっているので、腕や脚、指先や口の周り等、顔の産毛処理にも最適です。

機械では脱毛しにくい部分にコントロールジェルmeは、使えるので嬉しいですね。

コントロールジェルme の口コミと抑毛効果

では、使い方を紹介します。

ムダ毛が気になるところに1日2回、ムダ毛部分に毛の流れの逆方向から塗るだけでOKです。

もし急いでムダ毛をなくしたい場合は、それまでの処理方法で剃ったり抜いたりした後のお手入れとしてコントロールジェルmeを塗ります(コントロールジェルmeは、毎日塗ります)。

また生えてきたら剃ったり抜いたりという処理をして、コントロールジェルmeで毎日お手入れをしてあげる。

これを繰り返し行うことで、だんだんと剃ったり抜いたりという処理をする間隔が空いてくることに気付くと思います。

デリケートゾーンは、特に剃ったり抜いたりという処理もできませんし、エステに通うことも躊躇してしまうという方も多いと思います。

そもそもエステに通うことが手間にもなりますし、コストもかかるので、コントロールジェルmeを使って毎日抑毛すると良いと思います。

潤って美白もしてくれるので、一石三鳥ですね。

公式サイト↓


rU