白髪改善のための食事とマッサージ

働く女性はストレスも多いので
早いうちから白髪が目立ちやすいです。

それで白髪改善や予防のための食事と
マッサージについて書きます。

鏡を覗いたときに、今までなかったと
ころに新たに白髪を見つけてしまった
ときなど、ちょっとへこんでしまいます。

遺伝や体質、年齢、生活環境など、
様々な要因があって白髪が増えていく
ものですが、なんとかこれ以上
増やしたくないと思いますね。

髪は、根元にあるメラノサイトで
メラニン色素が作られ、それによって
髪に色がつけられます。

しかし、メラノサイトが正常に働かな
くなると髪に色をつけらなくなり、
白髪になってしまいます。

栄養バランスが偏っているとメラノサ
イトが栄養不足になり、色素が作れな
くなってしまいますので、白髪対策と
してまずは栄養バランスのとれた食事
が必要です。

ちなみにメラノサイトを活性化させる
栄養素は「ヨード」です。

ヨードはワカメや海苔、昆布をはじめ
とした海藻類、ひじきなどに豊富に含
まれていますので、あまり食べていな
いなと思ったら食事メニューに加える
ようにしましょう。

ただしヨードは過剰に摂取し過ぎると
甲状腺の病気を招く可能性もあるため、
そればかり食べるといった無謀な食べ
方はやめましょう。
何でもバランスが大事ですね。

そしてアミノ酸の一種である非必須ア
ミノ酸であり、肌や髪の毛のメラニン
色素の原料となるのが「チロシン」です。

チロシンはチーズや納豆、豆腐
バナナなどに多く含まれます。

チロシンは銅ミネラルと一緒に摂ると
効果的なので、銅ミネラルも含まれて
いる納豆、豆腐などはおすすめ食材です。
nattou

ところで、東洋医学では髪のことを
「血余(けつよ)」と呼びます。

髪は「血の余り」であり、血液の変化
したもの、という捉え方です。

栄養たっぷりの良質の血液が
全身をスムーズに流れていれば
髪の毛も元気で白髪予防にもなるのです。

そこで、頭皮の血流をよくする
スカルプマッサージを紹介します。

まず、両手の指全部を使っての指の腹
を頭皮につけ、固定するような感じで
動かさないでゆっくり押し回しします。

指ではなくて頭皮を動かす感じで
約5分回し、とくに動かしにくい所は
コリがある部分なので丁寧に動かします

最後に.軽くお湯ですすいで終了です。

とても気持ちいいので、
お風呂に入ったときに、
リラックスしながらやってみてください。

また、簡単な引っ張るだけマッサージ
もあります。

これは毛根の近くの髪をごっそり
つかみ、適度な強さで引っ張るだけです。

心地よいくらいが血行を促進して頭皮
を強くしますが、くれぐれも強く引っ
張りすぎないようにしましょう。

そして、余裕のある時は椿油を使った
オイルマッサージもおすすめです。

抜け毛予防、フケ・かゆみの予防、白
髪予防、毛髪のボリュームアップ等の
効能を持つ椿油で、頭皮の毛穴につま
った汚れを落としながらリフレッシュできます。

スカルプマッサージと同様に指の腹を
使って5分くらいマッサージし、
その後シャンプーをします。

マッサージに使う椿油は、
100%無添加で良質なものを選ぶことです。

例えば・・
100%完全無添加で匂いもなく
使いやすいと口コミでも評判の
リマナチュラル椿油は特に人気です。
公式サイト→リマナチュラル椿油【精製無臭】


マッサージや食事に注意しつつ
白髪染めも、優良なものを選ぶといいです。
髪にダメージを与えるヘアカラーは
使わないようにしましょう。

白髪染めが必要な時は、
髪に良い栄養分を補給できて
ダメージヘアも回復させるヘアケアと
白髪染めの両方が可能な白髪染めの
煌髪(きらり)がおすすめです。

アトピーで敏感肌の私も
毎日使っていますがすごく良いです。
髪が元気になって綺麗で自然な感じで染まります。
長持ちするのもメリットです。
体験→煌髪(きらり)の従来の白髪染めと違う効果と体験

手袋も不要でシャンプー前の
乾いた髪に塗って10分おいて
洗うだけです。
公式サイト→医大発“髪を育む”白髪染め「煌髪(キラリ)」。使うたびハリ・コシUP!輝くツヤ髪。
*煌髪(キラリ)は、すごく手軽で
簡単ですし素手で使えるので
時短になって助かっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする